越僑、ベンズウック戦没者慰霊塔に線香を手向ける

越僑、ベンズウック戦没者慰霊塔に線香を手向ける - ảnh 1
 

7日、ホーチミン市で母国ベトナムで旧正月テトを過ごすため一時国している国外在留ベトナム人代表団は同市クチ県にあるベンズウック戦没者慰霊塔に線香を手向けました。

80人からなるこの代表団は外務省とホーチミン市人民委員会の共催による「故郷の春」プログラムに参加しています。同代表団はホーチミン博物館を訪れ、年末に鯉を放す儀礼を行いました。8日夜、伝統的芸術公演が行われます。

アメリカに在留しているケビンチャンさんは次のように語りました。

(テープ)

「国外在留ベトナム人の代表との懇親会は暖かい雰囲気の中で行われました。ホーチミン市の指導部はこの懇親会を周到に準備しました。特に、芸術公演がニャロン港で行われたのは素晴らしいです」

ご感想

他の情報