越米、戦争後遺症の克服で協力

(VOVWORLD) -ティモシー・リーザー氏は「南部ビエンホア空港でのダイオキシン除去プロジェクトを始め、対ベトナム支援計画を強化するため、双方は今後も引き続き努力する必要がある」と明らかにしました。

ベトナム戦争後の地雷・不発弾と枯葉剤被害克服指導委員会(いわゆる、701号指導委員会)はUSIP=アメリカ平和研究所と協力して、「戦争後遺症の克服:ベトナムとアメリカとの和解と協力の将来の道のり」をテーマとしたシンポジウムをまもなく開催するに際して、アメリカ駐在ベトナム通信社の特派員はアメリカ上院歳出委員会のティモシー・リーザー上級顧問にインタビューしました。

その中で、ティモシー・リーザー氏は「南部ビエンホア空港でのダイオキシン除去プロジェクトを始め、対ベトナム支援計画を強化するため、双方は今後も引き続き努力する必要がある」と明らかにすると共に、「アメリカはベトナム戦争 後遺症の克服をベトナムとの関係における優先課題の一つとみなしている」と強調しました。


ご感想

他の情報