越米、法律施行と経済参入で協力

26日ハノイで、司法省はUSAID=アメリカ国際開発庁と協力して、「法律施行と経済参入補助プロジェクト」を総括する会議を開催しました。

越米、法律施行と経済参入で協力 - ảnh 1

このプロジェクトは、ベトナムが世界各国の信頼に足るパートナーとなるように、世界経済への参入を補助することを目指すものです。2010年に始まったこのプロジェクトは、各国際貿易条約への加盟と履行、税関システムの近代化、法律システムの透明性の向上、農産物輸出入の促進などの面でベトナムを支援してきました。

席上、在ベトナム米国大使館のクレアー・ピーランジロ臨時大使は「ベトナムの数千人の幹部を育成してきたこのプロジェクトはアメリカとベトナムとの協力の効果を示すものだ」と強調し、次のように語りました。

(テープ)

「ベトナム国会や、政府事務局、司法省は、法律システムの透明性の向上事業に先頭に立っています。以前は法律に関する情報が不足していましたが、現在、インターネットなどで幅広く公表されています。また、全ての法文書が国民の意見に基づいて制定されています。これについて、多くのアメリカの専門家が驚いています」

なお、この3年間、アメリカ政府はこのプロジェクトにあわせて4300万ドルを支援してきました。

ご感想

他の情報