越・韓のFTAの恩恵を活用

(VOVWORLD) -9日午前、ハノイで、商工省は韓国のKOTRA=貿易投資振興公社と連携して、「ベトナム・韓国のFTA=自由貿易協定の恩恵の活用と協定の実施」をテーマにしたシンポジウムを開催しました。

この協定は、2015年末に発効して以来、両国企業共同体の消費市場拡大に多くの新たなチャンスをもたらしてきたと評価されています。

シンポジウムで発言に立った商工省・アジア・アフリカ市場担当局のレ・アン・ハイ局長は次のように明らかにしています。

(テープ)

「ベトナム商工省は韓国の商工省、及び貿易投資振興公社と連携して、FTAの活用を評価するため、共同研究を行いました。同時に、両国企業の貿易・投資協力活動に更なる多くの情報やチャンスをもたらすために、協力のメカニズムを提示してきました。」

現在、韓国はベトナムの第3番目の貿易相手国であり、この10年間、ベトナムの重要な投資相手国となっています。2017年、両国の貿易取引総額は620億ドルに達しています。両国は、2020年までに、その金額を1000億ドルにするという目標を設定しています。

ご感想

他の情報