越、ASEANの海賊・海上テロ防止シンポに参加

越、ASEANの海賊・海上テロ防止シンポに参加 - ảnh 1
写真:Kim Dung

24日から26日にかけて、マレーシアの首都クアラルンプールで「海賊及び海上テロの防止」に関するASEANのシンポジウムが行なわれ、加盟10カ国から64人の代表が参加しました。

ベトナムからは南部バリア・ブンタウ省公安局・調査保安室のグエン・バン・リュエン室長率いる代表団が臨みました。

25日午後のシンポジウムで、ベトナム公安省・対外局に属する多国間協力室のチャン・ティ・キム・グエット副室長が報告を発表し、その中で、「海賊がエスカレートの傾向にあり、地域の安全保障に深刻な影響を与えている背景の中で、ASEAN諸国は海賊とテロ防止に関する情報や経験の交換を促進すると同時に海賊とテロ防止対策に関する合同演習を行う必要がある」との見解を示しました。

これまで、ベトナムは海賊とテロ防止対策を積極的に実施し、フィリピンとホットラインを設置した他、中国やカンボジアとのホットラインの設置を準備し、情報や経験の交換を強化しているとしています。

ご感想

他の情報