身体障害者の日を記念する活動

身体障害者の日を記念する活動 - ảnh 1
祖国戦線中央委員会幹部会のグェン・ティン・ニャン議長と全国の身体障害者代表団との懇親会
 

4月18日のベトナム身体障害者の日を記念する様々な活動が全国各地で行われています。18日、ハノイで、「身体障害者向けの雇用創出の日」というイベントが開かれました。イベントには身体障害者300人を対象に無料で開かれる職業訓練コースへの申し込み、健康アドバイス、身体障害者に関する政策の宣伝などの活動があります。

一方、17日、ベトナム祖国戦線中央委員会幹部会のグェン・ティン・ニャン議長は全国の身体障害者代表団と懇親会を行いました。懇親会で、ニャン議長は「身体障害者に適切な支援を行えるように、今後、ベトナム身体障害者連盟は労働傷病軍人社会事業省と協力して、身体障害者に関するデーターベースを作成するよう」求めました。

同日、ホーチミン市で「一つの心、一つの世界」と銘打った文芸交流会が行われました。交流会で、ベトナム身体障害者・孤児保護協会のグェン・ディン・リエウ会長は社会共同体に対し、身体障害者や孤児の社会への溶け込みに有利な条件を作り出すため、支援するよう」呼びかけました。

ベトナム身体障害者の日にあたり、18日、ハノイで、「障害のない心」と銘打った芸術公演が行われ、グェン・ティ・ゾアン国家副主席が出席しました。

この公演は身体障害者が困難と試練を乗り越え、社会へ溶け込むように励ますためのものです。公演で、ゾアン国家副主席は「ベトナム共産党と政府は常に身体障害者の生活に配慮している。現在、ベトナムは身体障害者があらゆる分野における平等を実現するため法的基礎を作り出している。これは障害者権利条約を締約した時実施したベトナムの公約を示すものである」と述べました。


ご感想

他の情報