農業農村への科学技術の導入を促進

(VOVWORLD) - 26日午後、ハノイで、党中央経済委員会の主催により、「農業農村への科学技術の導入促進」をテーマにしたシンポジウムが行われました。

これは、農業農村に関する第10期党中央委員会第7回総会決議の10年間の実施状況に関するプログラムの一環です。シンポジウムで発表された農業農村開発省の報告によりますと、科学技術の応用により、農業生産の付加価値が30%増加しています。

これを受け、参加者らは政府に対し、現行の政策を点検し、畜産や、栽培、農産物の加工、農産物に関わる製品の多様化などへのハイテクや、バイオテクノロジーの導入を促進するよう提案しました。ベトナム農業科学研究所のダオ・テ・アイン副所長は次のように語りました。

(テープ)

「農家らの需要を把握したうえで、新しい生産工程を導入する必要があります。また、農産物のバリューチェーンを研究し、持続可能なソリューションを見出すことも重要です。特に、農家・企業・科学者の連携、国際協力を促進しなければなりません。」

同日午後、農業農村に関する第10期党中央委員会第7回総会決議の10年間の実施状況に関するプログラムの枠内で、農業の持続可能な発展や、農産物の市場拡大に関するシンポジウムも行われました。

ご感想

他の情報