釈迦の誕生・灌仏会を祝う様々な活動

(VOVWORLD) - 旧暦4月15日にあたる5月29日、中部フエ市で、トゥアティエン・フエ省の仏教協会管理委員会は釈迦の誕生を祝う「灌仏会2018」を催しました。
釈迦の誕生・灌仏会を祝う様々な活動 - ảnh 1 写真提供:Pham Kien

仏教の儀式が行われた後、同省仏教協会管理委員会委員長のティック・ドク・タイン和上はベトナム仏教協会法主のメッセージを読み上げ、その中で「ベトナム仏教協会傘下の各仏教会や聖職者、信者らが『知恵・規律・参入・発展』という原則に従って、仏教の発展に努力するとともに、民族大団結の強化や祖国の建設防衛事業に貢献する必要がある」と強調しました。この機に、祖国の繁栄、仏教の発展、世界の平和、人々の平安を祈る儀式が行われました。

他方、同日、南部カントー市仏教協会管理委員会は「灌仏会2018」を祝う儀式を行いました。カントー市人民委員会委員長は儀式に参加し、仏教の聖職者と信者にお祝いの言葉を述べました。

こうした中、29日午前、南部アンザン省、チャウドック市で、同省仏教協会は灌仏会を祝う儀式を行ったほか、貧困な状況にある世帯20戸にチャリティ・ハウスを贈りました。

灌仏会にあたり、中部ニントゥアン省の指導者らは仏教協会管理委員会を訪れました。

ご感想

他の情報