野党に圧力、政権派勝利か=ロシアで統一地方選

野党に圧力、政権派勝利か=ロシアで統一地方選 - ảnh 1
(写真: kinhdoanhnet.vn)


ロシア全土で13日、連邦構成主体の首長・議会選など統一地方選の投票が始まりました。野党指導者ネムツォフ元第1副首相が2月に暗殺された後、野党勢力は結集に動き、反政権ブロガーのナワリヌイ氏らが合流しました。4州の議会選に参加を目指しましたが、必要な有権者署名に「不備がある」という理由から3州で登録を却下されました。

2013年のモスクワ市長選に挑戦したナワリヌイ氏は、執行猶予判決を受け、統一地方選には不参加でした。代わりに9月20日に反政権デモを計画中です。「民主的選挙や政治犯釈放を求め、ウクライナ軍事介入、検閲、汚職に反対する」と批判を強めます。首長選は、21の連邦構成主体で公選制が採用されたが、政権派候補の「信任投票」に近いです。他の3連邦構成主体は議会が承認する事実上の大統領任命制です。 プーチン大統領は12年の3期目就任後、反政権デモを受けた「民主化」で、首長の公選制を復活させたが、依然として大統領が「首長人事」をコントロールし ています。

ご感想

他の情報