金正恩党委員長、中国序列3位・栗戦書氏と会談

(VOVWORLD) - 中国国営の中央テレビは9日、北朝鮮の平壌を訪問している中国共産党の最高指導部メンバーの栗戦書氏が、金正恩(キム・ジョンウン)党委員長と会談したと伝えました。

中国中央テレビによりますと、建国70年の記念式典に参加するため平壌(ピョンヤン)を訪問している、中国共産党の最高指導部序列3位で全国人民代表大会の栗戦書委員長と金正恩党委員長が9日、会談したということです。

この中で金党委員長は、米朝首脳会談での合意を実現させるため措置を講じたと強調し、「アメリカ側も相応する行動を取り、朝鮮半島問題の政治的解決プロセスを共同で推進するよう希望する」と呼び掛けました。

栗委員長は、「北朝鮮とアメリカが首脳会談の共通認識を実行に移すことを希望する」と述べ、中国としても朝鮮半島の非核化に向けて建設的な役割を果たして行く姿勢を示しました。

また、栗委員長は、習近平国家主席の親書も手渡しました。親書の中で習主席は、金党委員長と3回会談した事が「中朝関係発展の新たなページを開いた」とした上で、「中朝関係のより速い発展を推進したい」と両国の緊密な関係性を強調。これに対し、金党委員長は「国際情勢がどう変化しようと、両国の友情を断固として継承し、発揚する」と述べました。(TBS)

ご感想

他の情報