金正恩委員長、無事に帰国

(VOVWORLD) - 朝鮮民主主義人民共和国の最高指導者によるベトナム訪問は61年ぶりとなっています。

5日、朝鮮民主主義人民共和国の国営通信社「朝鮮通信」は、「金正恩朝鮮労働党委員長は、ハノイで開催されていた第2回米朝首脳会談への出席とベトナム公式訪問を終え、5日午前3時に帰国した」と伝えました。

金委員長の朝鮮の最高指導者としてのベトナム訪問は、1958年に行われた祖父の金日成主席の訪問以来、61年ぶりとなります。第2回米朝首脳会談に関し、今回は共同声明こそ発表されませんが、核・ミサイル実験の中止という朝鮮側の確約に対し、アメリカは制裁を強化せず、韓国との大規模な共同軍事演習を行なわないことを発表しました。これは会談の積極的な結実とされています。

ご感想

他の情報