防衛白書「朝鮮民主主義人民共和国の挑発行為増加や重大化」懸念

(NHK)ことしの防衛白書が閣議で報告され、弾道ミサイルの発射を繰り返す朝鮮民主主義人民共和国が核兵器の小型化などを実現した場合には、挑発行為の増加や重大化につながる可能性もあり、日本をはじめ国際社会にとって強く懸念すべき状況になり得ると指摘しています。

防衛白書「朝鮮民主主義人民共和国の挑発行為増加や重大化」懸念 - ảnh 1    日本の防衛省(写真:ロイター)

防衛白書では朝鮮民主主義人民共和国による核・ミサイル開発や、運用能力の向上は「新たな段階の脅威」となっているとしています。


そのうえで、朝鮮民主主義人民共和国の核兵器の開発は「相当進んでいて、小型化・弾頭化の実現に至っている可能性が考えられる」とし、弾道ミサイルの開発は射程をさらに伸ばす「長射程化」や発射の兆候の把握が困難な奇襲的な攻撃能力の向上を図っていると分析しています。

そして、朝鮮民主主義人民共和国が弾道ミサイルの射程をさらに伸ばし、核兵器の小型化を実現した場合には「アメリカに対する戦略的な抑止力を確保したという認識を一方的に持ち、軍事的な挑発行為の増加や重大化につながる可能性もある」として、日本をはじめ国際社会にとって「強く懸念すべき状況となり得る」と指摘しています。

一方、海洋進出を強める中国については自衛隊機のスクランブル=緊急発進の回数が昨年度、過去最多を更新したことや、中国海軍の艦艇が尖閣諸島に近い海域で恒常的に活動していることを挙げ、「軍事や安全保障に関する透明性の不足と相まって強く懸念する」としています。

ご感想

他の情報