難民申請の規則を強化、1週間前倒しで ドイツ


難民申請の規則を強化、1週間前倒しで ドイツ - ảnh 1
10月22日、クロアチアとスロベニアの国境地域での難民の流入=AFP/TTXVN

【 AFP】ドイツは24日、シリアをはじめ複数の国から数多くの移民らが押し寄せている状況を受け、難民申請に関する新法を予定より1週間前倒しで施行し難民申請の規則を強化することとなりました。

新法案は国会で迅速に採択され、11月1日に施行される予定でしたが、23日、司法官報に掲載されたため、翌24日に施行されることになります。

難民問題に関する政策の調整を担当するペーター・アルトマイヤー官房長官は、公共放送ARDに対し、前倒しの動きは、これから難民申請をしようとしている人々への「合図」と述べました。

新法では、ドイツを移民らにとって魅力のない国に変える努力として、これまで結果を待つ難民申請者に支給されていた現金が物品の支給に変更されます。また、難民申請を却下された者の国外退去手順も早められるということです。

アルトマイヤー官房長官は、「ドイツに滞在する権利を持たない難民申請者の国外退去に関しては、われわれは改善を試みています。なるべく早く、今年中にも行いたい」と述べました。

ご感想

他の情報