雨期の豪雨245人死亡…3か国で数百万人避難

【ニューデリー=田尾茂樹】ネパールやインド、バングラデシュの各地で、雨期の豪雨に伴う洪水や土砂崩れが相次ぎ、AP通信によりますと、15日までに少なくとも245人が死亡しました。

雨期の豪雨245人死亡…3か国で数百万人避難 - ảnh 1                        (写真:AFP)

避難者は3か国で数百万人に上っているといいます。道路や橋が寸断されて多数の住民が取り残されており、救助作業も難航しています。

ネパールでは、南部を中心に発生した大規模な洪水で110人が亡くなりました。インドでは、北部ヒマチャルプラデシュ州でバス2台が土砂崩れに巻き込まれたほか、東部ビハール州や北東部アッサム州でも洪水で家屋が流されるなどし、合わせて108人が死亡しました。バングラデシュでも27人が犠牲になったといいます。

ネパールやインドなどでは例年、6~9月頃の雨期に各地で洪水などの被害が発生しています。

ご感想

他の情報