露大統領、シリアでの「テロ組織攻撃は正しい」

 露大統領、シリアでの「テロ組織攻撃は正しい」 - ảnh 1
(写真:RIA Novosti)

11日、ロシアのプーチン大統領は、ロシア国営テレビ「ロシア1」でインタービューに答え、その中で、「ロシア軍によるシリア空爆について、アサド大統領の「正当な権力を安定させるため」だとして、その正当性を強調しました。

またプーチン大統領は、アサド政権を「安定させ、政治的な妥協が可能な状況を作る」ことが、シリアでの空爆の目的だと述べました。さらに、プーチン氏はロシアがアサド政権を支援しなければ、「テロ組織」がシリアを支配してしまう危険があると強調しました。

テロ組織の戦闘員が「首都ダマスカスの端まで来ている」と指摘し、他の政府も「この悪に対抗するため勢力を結集」するべきだと呼びかけました。

ご感想

他の情報