非核化実現の「期限」など 米朝首脳会談で協議へ

(NHK)アメリカのポンペイオ国務長官は、史上初の米朝首脳会談を前にNHKの単独インタビューに応じ、首脳会談では非核化の実現に向けた期限などを盛り込んだ行程作りを目指し、協議が行われることに期待を示しました。

非核化実現の「期限」など 米朝首脳会談で協議へ - ảnh 1 ポンペイオ長官(写真:EPA-EFE/TTXVN )

この中でポンペイオ長官は、首脳会談の最大の焦点である非核化について「キム委員長は私に対し、トランプ大統領と会ってどのように非核化を進めていくか話し合う用意がある、と説明した」と述べました。

そのうえで、非核化の実現を目指す時期について「2人のリーダーが話すことになるだろう」と述べ、首脳会談では、非核化の実現に向けた期限などを盛り込んだ行程作りを目指し、協議が行われることに期待を示しました。

そしてポンペイオ長官は、朝鮮民主主義人民共和国がアメリカの求める非核化に応じれば体制を保証すると強調し、「両国のリーダーが寄り合い、体制の保証はどんな形になるか、関係を改善させるため政治的に何をすればいいか、具体的な話し合いを始めるようにする」と述べ、具体的な協議が行われるとの見通しを示しました。

その一方で、非核化の見返りで経済支援も重要になると強調しましたが、「経済支援は朝鮮民主主義人民共和国が真の行動と変化を起こすまでありえない。日本による経済支援も同じだ」と述べて、朝鮮民主主義人民共和国の非核化が前提になるという考えを示しました。

ポンペイオ長官はトランプ大統領とともにシンガポールを訪問する予定で、米朝首脳会談では、非核化に向けた手順や期限、そして、その見返りをめぐる協議が、どこまで具体化するかが焦点となりそうです。

ご感想

他の情報