革命功労者の恩に報いる運動

(VOVWORLD) -7月27日のベトナムの傷病軍人戦没者の日を記念する活動の一環として、 24日午後、ハノイで、ベトナム婦人連合会は重度の女性傷病軍人の代表と会合を行いました。

会合で、ベトナム婦人連合会のグェン・テイ・トゥ・ハ会長は国に対する重度の女性傷病軍人を始め、英雄烈士や傷病軍人の大きな貢献を高く評価すると共に、長年来、ベトナム婦人連合会は常に女性傷病軍人、戦没者の遺族の生活を支援してきたと明らかにすると共に、今後も、ベトナムの女性の素晴らしい伝統を生かして、若者の精神的拠り所となるよう希望を表明しました。

一方、同日、ホーチミン共産青年同盟中央委員会と労働傷病軍人社会事業省との共催により、重度の傷病軍人の代表と若者との交流会が行われました。

交流会で、ホーチミン共産青年同盟中央委員会のグエン・ゴック・ルオン書記は「革命功労者の恩に報いる運動はベトナムの美意識となっている。これらを通じて、革命功労者に対する支援運動が全社会の関心が集まるようになる」と明らかにしました。

また、23日と24日の両日、公安省所属人民公安の宣伝教育局と北部山岳地帯ハザン省公安局などとの共催により、かつての民族解放闘争で犠牲になった英雄烈士の恩に報いる様々な活動が行われました。


ご感想

他の情報