韓国で「中国の岩礁埋め立て、人工島の建設」を展示

 韓国で「中国の岩礁埋め立て、人工島の建設」を展示 - ảnh 1
写真提供: Pham Duy


11日と12日の両日、韓国3大都市のひとつ光州広域市で韓国のベトナム学研究協会の主催により、ベトナム東部海域、いわゆる南シナ海での中国の岩礁埋め立て、人工島の建設に関する写真展が開催されました。展示会にはベトナムのホアンサとチュオンサ両群島の岩礁を写す80点あまりの写真が出展され、東部海域の現状を変更しようとする一方的な行動の中止を関係各側に呼びかけたいというメッセージを観客に伝えることが狙いです。

開会式で、韓国のベトナム学研究協会会長のAhn Kyong Hwan教授は「ベトナム東部海域はベトナム、フィリピン、中国など地域諸国だけでなく、世界各国にとっても地政学の面で重要な地位を持っていることから、同海域の平和、安定、協力、発展の維持は全ての国の責任である」と強調しました。

また、Ahn教授は「韓国の学生にベトナム言語、歴史、文化を教える教師としてホアンサとチュオンサ両群島はベトナム領土に属する」と強調し、今回の展示会は韓国人にホアンサとチュオンサ両群島に対するベトナムの領有権への理解を深めてもらうためである」と明らかにしました。

ご感想

他の情報