韓国外相「朝鮮民主主義人民共和国がピョンチャンパラ参加を表明」

(NHK)韓国のカン・ギョンファ(康京和)外相は、朝鮮民主主義人民共和国が核・ミサイル開発をめぐって国際的な孤立を深める中、来年3月に韓国で開かれるピョンチャンパラリンピックに参加する意向を表明したことを明らかにしました。

韓国北東部カンウォン(江原)道のピョンチャン(平昌)では、来年2月に韓国で初めての冬のオリンピックが、続いて3月にはパラリンピックが、それぞれ開催されます。

これについて、韓国のカン・ギョンファ外相は12日、国会で、「北がパラリンピックに参加を申請する書類をパラリンピック委員会に提出した」と述べ、朝鮮民主主義人民共和国が核・ミサイル開発をめぐって国際的な孤立を深める中、ピョンチャンパラリンピックに参加する意向を表明したことを明らかにしました。
ただ、朝鮮民主主義人民共和国は依然として、ピョンチャンオリンピックへの参加の意思は示していません。

韓国政府は、IOC=国際オリンピック委員会を通じて朝鮮民主主義人民共和国に対し、オリンピックへの参加を繰り返し呼びかけていて、カン外相は「北から選手や応援団など多くの人が参加することを願っている」と述べ、重ねて期待を示しました。

ご感想

他の情報