韓国大統領 「過去癒やす勇気を」

韓国のパク・クネ大統領は、日本の植民地支配から解放された記念日の15日、ソウルで演説し、日韓両国の国民どうしの交流が進んでいると指摘したうえで、「日本の政治家は過去の傷を癒やす勇気を示さなければならない」と述べ、歴史認識の問題で前向きな対応を求めました。


韓国大統領 「過去癒やす勇気を」 - ảnh 1

演説でパク・クネ大統領は、「日本は北東アジアの平和と繁栄をともに開く重要な隣国だ」としたうえで、「両国の多くの人々は互いの文化を共有し、心を寄せ合い、近づいている」と述べ、近年、国民同士の交流が進んでいると指摘しました。

そして、「政治が国民の心に寄り添うことなく過去へと戻るのなら、新たな未来はない。今こそ、真のパートナーとして発展できるよう、日本の政治家は過去の傷を癒やす勇気あるリーダーシップを示さなければならない」と述べ、歴史認識の問題で前向きな対応を取るよう求めました。

ご感想

他の情報