韓国政府 米朝会談「歓迎する」 非核化と制裁緩和に期待感

(NHK) アメリカのトランプ大統領が2回目の米朝首脳会談を今月末にベトナムで開くと発表したことについて、韓国政府は「歓迎する」と述べ、朝鮮民主主義人民共和国の非核化に加えて南北の経済協力にも関わる制裁の緩和に期待を示したものとみられます。
韓国政府 米朝会談「歓迎する」 非核化と制裁緩和に期待感 - ảnh 1  韓国大統領府の報道官(写真:Yonhap/TTXVN)

アメリカのトランプ大統領は一般教書演説で朝鮮民主主義人民共和国のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長との2回目の首脳会談を今月27日と28日にベトナムで開催すると発表しました。
これについて韓国大統領府の報道官は6日午後、会見で「歓迎する」としたうえで、「両首脳はすでにシンガポールで、70年に及ぶ敵対関係を改める第一歩を踏み出した。ベトナムでは、より具体的で実質的な進展に向けて歩み出してもらいたい」と述べました。

韓国としては、朝鮮民主主義人民共和国の非核化に向けた具体的な措置に加え、ムン・ジェイン(文在寅)政権が前向きな姿勢を示す南北の経済協力にも関わる制裁の緩和などに期待を示したものとみられます。

一方、ムン大統領はこれまで、米朝の仲介役を果たすことに意欲を示していましたが、大統領府関係者は、米朝首脳会談に合わせてムン大統領がベトナムを訪問する可能性について、「アメリカと北朝鮮の交渉にもよるが、可能性は高くないだろう」と述べて、否定的な見方を示しました。

ご感想

他の情報