21日に核協議再開=イラン外相

21日に核協議再開=イラン外相 - ảnh 1
イラン外相と米国務長官

(時事)イランのザリフ外相は14日、訪問先のマドリードで、イラン核問題をめぐる欧米など6カ国との協議を21日に再開すると述べました。ロイター通信が伝えました。

核協議は2日に包括解決の枠組みで合意しており、6月末までの最終合意を目指し詰めの折衝を進めます。イランと米国の間では、制裁解除のタイミングなどをめぐり見解の相違が残されており、ザリフ外相は「困難な作業になる」と語りました。

こうした中、アメリカ上院外交委員会は14日、6カ国とイランの核協議で最終合意が成立した場合、アメリカ政府による対イラン経済制裁の解除の可否に関し議会に判断の権限を与える法案を全会一致で可決しました。アーネスト大統領報道官によりますと、法案が上下両院を通過すれば、オバマ大統領は署名する意向だということです。

 

ご感想

他の情報