28日に米ロ首脳会談 議題めぐり早くも対立


28日に米ロ首脳会談 議題めぐり早くも対立 - ảnh 1
2013年のベイロ首脳会談 (写真: Reuters)


【共同】24日、アメリカとロシアの両政府はニューヨークで28日にオバマ大統領とプーチン大統領による首脳会談を行うと発表しました。国連総会の機会を使い、ウクライナ危機やシリア情勢を話し合うが、両政府は優先すべき議題をめぐって早くも対立しています。

アメリカのアーネスト大統領報道官は記者会見で、ウクライナ危機が最優先だとし、停戦実現のためロシアが和平合意を履行するようオバマ氏がプーチン氏に直接迫る方針だと説明しました。

ロシアのペスコフ大統領報道官は、シリア情勢が主要議題だと強調し、ウクライナ危機は「時間があれば」話し合うとしました。

ご感想

他の情報