6日にも米ロ外相会談

(VOVWORLD) -2日、米国務省高官は、記者団に、ポンペオ国務長官が6日のフィンランド北部ロバニエミ訪問に合わせ、ロシアのラブロフ外相と会談する見通しだと述べました。
同高官は「ベネズエラ情勢が議題の一つになるだろう」と指摘しました。両外相は共に同地で行われる北極評議会の閣僚級会合に出席する予定です。
両外相は1日、電話会談を行いましたが、ポンペオ氏がベネズエラのマドゥロ政権への支援中止を求めたのに対し、ラブロフ氏はグアイド国会議長を支持する米国の姿勢を内政干渉だと主張。非難の応酬となりました。

ご感想

他の情報