8年ぶりに日中ハイレベル経済対話 連携強化へ協議

(NHK) 日中両政府の関係閣僚による「経済対話」が8年ぶりに開催されていて、河野外務大臣は、日中両国が世界経済に果たす役割は増え続けているとして、経済分野での連携強化の必要性を強調しました。

8年ぶりに日中ハイレベル経済対話 連携強化へ協議 - ảnh 1中国の王毅外相と 日本の河野外務大臣(写真:Kyodo/TTXVN)

「日中ハイレベル経済対話」は、沖縄県の尖閣諸島の国有化などの影響で、平成22年8月を最後に行われていませんでしたが、16日、およそ8年ぶりに東京都内で開催され、両国の経済関係の閣僚が出席しました。


冒頭、日本側の議長を務める河野外務大臣は「世界の経済状況は大きく変化しており、日中両国が果たす役割も増し続けている。視点を新たに、協力と連携の在り方を考えていく必要がある」と述べ、経済分野での連携強化の必要性を強調しました。

また、中国側の議長で国務委員をかねる王毅外相は「今回の対話が、両国関係の改善と発展に前向きな役割を果たし、経済協力にも新たな原動力を付け加えると確信している」と応じました。

経済対話は午後まで行われる予定で、中国が掲げる巨大経済圏構想「一帯一路」への協力の在り方など、経済分野での連携強化の取り組みについて協議するほか、アメリカのトランプ政権による輸入制限措置をめぐっても意見を交わす見通しです。

ご感想

他の情報