EU・トルコ、不法移民送還合意に批判の声も

 EU・トルコ、不法移民送還合意に批判の声も - ảnh 1




(読売)難民流入の抑制策を巡り、EU=欧州連合加盟28か国とトルコは18日、トルコからギリシャに渡る不法移民らをトルコに送還することで最終合意しました。

20日から実施することになりますが、難民支援団体などからは批判の声も出ています。

EUのトゥスク欧州理事会常任議長(EU大統領)は18日夕、合意を受けた記者会見で「送還は国際法に沿う形で行われる」と述べたほか、国連難民高等弁務官事務所などの協力を得て実施されると強調しました。

これに対し、国際支援団体などは、トルコの人権状況などを踏まえ、合意を強く懸念しています。国連児童基金(ユニセフ)は18日、「難民や移民の子どもたちを不安定なトルコに送り返す合意は嘆かわしい」とする声明を出しました。国際支援団体オックスファムも18日、声明で「EUとトルコの合意内容は国際法の精神に反する」と批判しました。

ご感想

他の情報