EU大使に国外退去要求=大統領後継候補への制裁に反発-コンゴ

(時事通信) -EUは10日、コンゴの要人14人に科している「選挙妨害と人権侵害」に関する制裁の継続を決めていました。

コンゴ(旧ザイール)政府は27日、欧州連合(EU)代表部大使に48時間以内の国外退去を求めました。EUは10日、コンゴの要人14人に科している「選挙妨害と人権侵害」に関する制裁の継続を決めていました。

14人には、30日投票の大統領選にカビラ大統領の後継者として出馬しているラマザニ前内相も含まれています。コンゴのオキトゥンドゥ外相は、EUの制裁に関し「非難に値する措置で、相互主義に基づいて対応する」と述べました。

ご感想

他の情報