EU、英国と緊密な関係築く用意=バルニエ首席交渉官

[ロイター] -EU=欧州連合のバルニエ首席交渉官は29日、EUを離脱するイギリスと前例のない緊密な関係を築く用意があると述べる一方、EUの単一市場を弱体化につながるものは認めないとの考えを示しました。

バルニエ氏はドイツのマース外相との会談後、「他のどの第三国とも交わしたことがないような相互関係を英国に提供する用意がある」とし、外交・安全保障のほか経済関係を含む可能性があると指摘しました。

EU非加盟国でありながら、単一市場に属しているノルウェー型が利用可能なモデルだと指摘しました。

また「イギリスの譲れない一線は尊重する」と述べる一方で、イギリスがEU側を尊重する必要もあるとし、「選り好みができる単一市場はない」と強調しました。

イギリスのラーブEU離脱担当相は同日の議会で、合意が「目に見えるところ」まで来ていると自信を示しましたが、10月中の合意には時間的な余裕があまりないとの認識を示しました。

市場では、バルニエ氏がイギリスに緩和的な姿勢を示唆したと受け止められ、ポンドが対ドルで急伸、ロンドン株式市場は下落しました。

関連ユース

ご感想

他の情報