EU、資産凍結の対象追加で合意

EU、資産凍結の対象追加で合意  - ảnh 1
ウクライナ東部情勢が一段と悪化している

 

【日本経済新聞】欧州連合(EU)は5日、ウクライナ東部情勢が一段と悪化していることを受け、ロシアやウクライナの親ロシア派の資産 凍結などの対象に19の個人と9団体を加えることで合意しました。ロイター通信が同日報じました。このうちロシアは5人の個人と1団体になるという。個人はEUへ の渡航も禁止されます。

EUは12日に開催する非公式首脳会議でもウクライナ問題に関連し、ロシアへの追加経済制裁などが必要か協議する予定です。

ご感想

他の情報