EU離脱問題の長期化、英経済に大きな打撃=ゴールドマン

[ロイター] - ゴールドマン・サックスは英国の欧州連合(EU)離脱問題が長期化していることを巡り、企業投資の減少、迫り来る労働市場ショックの兆候、低い生産性が成長を妨げるため、英国経済に打撃となっているとの見解を示しました。

ゴールドマンは顧客向けノートで、5月22日までに離脱協定案が批准されることが自社のベースシナリオだとしつつ、新たな期限である10月31日にかなり近付くまで離脱が遅れるリスクがあるとしました。

ゴールドマンは「英EU離脱を巡る政治問題は長期化しており、その結果として英経済に対する離脱の副作用は大きくなっている」と指摘しました。まだ顕在化していないとしつつ、「英EU離脱(を巡る問題)は英経済に大きな打撃を与えている」としました。

また、英経済は2016年央以降、その他の先進国経済をアンダーパフォームしており、国民投票前の成長軌道と比べて国内総生産(GDP)の2.5%近くを失っていると指摘しました。投資低迷が大きな要因だとしました。

ご感想

他の情報