EU、難民受け入れ義務化合意できず 中東欧が強く反対

 EU、難民受け入れ義務化合意できず 中東欧が強く反対 - ảnh 1
写真提供:AFP


(毎日)EU=欧州連合は14日の緊急内相理事会で、シリアなどを逃れ欧州に到着した難民16万人を加盟国が分担して受け入れる案を協議しました。すでに任意の受け入れに合意した4万人については、各国が早急に始めることで一致しました。しかし、残る12万人は中東欧諸国が義務的な受け入れに強く反対し、合意できませんでした。

総括文書によりますと、加盟国は12万人の受け入れに大筋で一致したものの、欧州委員会が提案した各国の受け入れ数については「加盟国が必要とする柔軟性を考慮する」との表現にとどまり、義務化は盛り込めませんでした。今後、実務者レベルの作業を始め、来月8日に予定される内相理事会で正式決定を目指すと いうことです。

EU関係者によりますと、スロバキア、ハンガリーなど4カ国が「追加の受け入れは難民の流入を加速させる」などとして強硬に反対しました。欧州委や独仏が求めていた義務的な割り当ては、事実上断念せざるをえない情勢です。

ご感想

他の情報