G20 新興国中心にAIIB支持の声も

G20 新興国中心にAIIB支持の声も - ảnh 1
 (写真:TTXVN)


(NHK) 先進国に新興国を加えたG20は、2日間の日程を終えて17日、閉幕しました。

採択された声明では、世界経済の成長は緩やかで一様ではないとしながらも、「短期の経済の見通しは特にユーロ圏と日本で最近になって改善している」として、日本などの景気回復の動きを評価しています。また、景気回復をより力強いものにするため、多くの先進国で引き続き緩和的な金融政策が必要だとしています。さらに、世界経済の成長の原動力としてインフラ投資の重要性を確認し、次回、ことし9月の会議までに各国が投資戦略を策定するとしています。

一方、中国が設立を提唱しG20の過半数が参加を表明したアジアインフラ投資銀行について、声明で直接の言及はありませんでしたが、一連の日程を通じて、議長国のトルコをはじめ新興国を中心に設立に向けた動きを支持する声が出されました。参加を見送っている日本とアメリカは個別の会談で、アジアインフラ投資銀行が既存の国際金融機関と協調融資などを行い、組織運営の透明性を高めていくことが重要だという認識で一致しました。

ご感想

他の情報