IAEA 朝鮮民主主義人民共和国の核施設稼働の兆候に強い懸念

(NHK)IAEA=国際原子力機関は朝鮮民主主義人民共和国の核開発に関する新たな報告書をまとめ、完全な非核化を目指すとした、ことし4月の南北首脳会談のあとも朝鮮民主主義人民共和国が核施設の一部を稼働させていた兆候があると指摘して、強い懸念を示しました。

IAEA=国際原子力機関は、来月開かれる年次総会を前に朝鮮民主主義人民共和国の核開発に関する新たな報告書を1年ぶりにまとめて、21日までに公表しました。

それによりますと、衛星写真や公開情報でニョンビョン(寧辺)の核施設を分析した結果、使用済み核燃料棒からプルトニウムを取り出す施設で、ことし4月終わりから5月はじめにかけて、蒸気を扱う設備を稼働させていた兆候があったとしています。

ことし4月の朝鮮民主主義人民共和国と韓国の首脳会談では「完全な非核化は南北共通の目標」だとされましたが、首脳会談のあとも朝鮮民主主義人民共和国が核施設の一部を稼働させていたことになります。

また、実験用の原子炉やウラン濃縮施設などほかの核施設についても、詳しい時期を特定しなかったものの去年8月以降も活動が続いている兆候があると指摘しました。

IAEAは、朝鮮民主主義人民共和国の活動が国連安全保障理事会の決議に違反しているのは明らかだとしたうえで「現地を査察できない以上、IAEAの有する知見は限定的で小さなものになりつつある」と述べ、このほかにも把握できていない活動が行われている可能性もあるとして強い懸念を示しました。

関連ユース

ご感想

他の情報