NAFTA再交渉「数週間で基本合意も」ペンス米副大統領

【リマ=丸山修一】米州首脳会議出席のため南米ペルーの首都、リマに滞在中のペンス米副大統領は14日、カナダ、メキシコと進めているNAFTA=北米自由貿易協定再交渉に関して「数週間で基本合意も可能だ」と前向きな見通しを示しました。ロイター通信が伝えました。
NAFTA再交渉「数週間で基本合意も」ペンス米副大統領 - ảnh 1   ペンス米副大統領(写真:AFP/TTXVN)

カナダのトルドー首相も会見で「(合意に向けて)前進をみせている」と話しました。

同日、ペンス氏はメキシコのペニャニエト大統領と会談しました。メキシコ政府によると米政府から申し出がありました。NAFTA再交渉を含む両国関係の広範な様々な項目について議論が交わされたといいます。ただトランプ米大統領が固執する国境付近の壁建設の費用負担に関しては話題に上らなかったとしています。

会談は両国関係が再びぎくしゃくする中での実現となりました。トランプ氏が不法移民の取り締まりなどを目的にして国境近辺への州兵派遣を決定しました。ペニャニエト氏は対抗策として様々な分野での米国との協力関係の解消を含めて検討することを明らかにしていました。

ご感想

他の情報