NATOとロシアの状況評価は異なる」NATO事務総長

NATOとロシアの状況評価は異なる」NATO事務総長 - ảnh 1
 

NATOとロシアはウクライナで起きている出来事に対し、 異なる評価をしている。7日、イエンス・ ストルテンベルグNATO事務総長はミュンヘンでのラヴロフ露外 相との会談後、こうした声明を表しました。

これに対し、 ラヴロフ外相はミュンヘン会議のフィールドでの会談の際に、 ストルテンベルグ事務総長に対し、 ロシアとの国境付近でNATOが行う演習の数が増えていることを 指摘しました。ロ シア側からは、NATOで採られたNATOの『東陣地』 での軍事アピアランス拡大路線、 そしてロシアとの国境近くで実施される演習の数が著しく増大した ことが一層の緊張を生み、対立をあおり、 欧州大陸の安全システム全体を損なっていることが示されました。


ご感想

他の情報