NATO 新司令部設置で合意 ロシアの脅威に対応

(NHK)NATO=北大西洋条約機構の国防相会議がベルギーのブリュッセルで始まり、ロシアの脅威が高まっていることなどを受けて、ヨーロッパと北米を結ぶ海上輸送路の防衛を担う新たな司令部を設置することなどで合意しました。

NATO 新司令部設置で合意 ロシアの脅威に対応 - ảnh 1 NATOのストルテンベルグ事務総長(写真: AFP/TTXVN)

NATOの国防相会議は8日、本部があるベルギーの首都ブリュッセルで始まり、NATOを取り巻く安全保障環境の変化に対応するための組織改革などについて協議しました。

この中で各国は、3年前のクリミア半島の併合以降ロシアの脅威が高まっていることなどを受け、ヨーロッパと北米を結ぶ海上輸送路の防衛やヨーロッパの加盟国間の装備や部隊の迅速な輸送に向けた新たな司令部をそれぞれ設置することで合意しました。

今回の合意についてNATOのストルテンベルグ事務総長は、会議後の記者会見で「NATOの抑止力や防衛力、それに安定を支えるものだ」と述べ、意義を強調しました。

各国はこのあと、核やミサイルの開発を続ける朝鮮民主主義人民共和国についても意見を交わし、国連安全保障理事会の制裁決議などを通して圧力を強めることを確認する見通しです。

ご感想

他の情報