NPT準備会合が閉幕 核保有国と非保有国の対立解消されず

(NHK)世界の核軍縮について話し合うNPT=核拡散防止条約の再検討に向けた準備会合が閉幕し、北朝鮮情勢への対応やイランの核合意については各国の意見がおおむね一致したものの、去年採択された核兵器禁止条約をめぐっては核保有国と非保有国の対立が最後まで解消されませんでした。

先月23日にジュネーブの国連ヨーロッパ本部で始まったNPTの準備会合は、4日、最終日を迎え、議長が2週間にわたる議論をまとめた文書をもとに、各国が意見を表明しました。

このうち15年前にNPTから一方的に脱退を宣言した北朝鮮に対し、早期にNPTに復帰して国際社会の監視のもとで非核化に取り組むよう求めることや、アメリカが離脱の構えを見せているイランの核合意を維持する重要性については、各国の意見がおおむね一致しました。
一方で、去年採択された核兵器禁止条約を巡っては、核兵器の保有国や日本など核の傘のもとにある国々が、北朝鮮の核開発などを前に核抑止力は不可欠だとして条約に反対し続けたのに対し、非保有国の多くは、安全保障を理由にこれ以上核軍縮が滞ることは許されず、条約はNPTを補ううえで重要だと主張し、双方の対立は最後まで解消されませんでした。
NPTは再来年の5年に1度の再検討会議に向けて、来年ニューヨークで最後の準備会合が開かれますが、国際情勢が激変する中、核軍縮の進め方をめぐる各国の対立は一段と深まる様相を見せています。

 

 

ご感想

他の情報