NZ銃乱射事件から1週間で追悼集会

(NHK)ニュージーランドでイスラム教の礼拝所が襲撃され50人が死亡した銃の乱射事件から1週間となる22日、襲撃されたモスクの近くで大規模な追悼集会が開かれ、参加者は宗教や人種の違いを超えた連帯と団結の意思を示しました。

追悼集会は、襲撃されたモスクに隣接する公園で開かれました。

数千人の市民が集まり、テレビやラジオでもニュージーランド全土に向けて生中継されました。

はじめに、アーダーン首相が「ニュージーランドは犠牲者に哀悼の意を表します。私たちは一つです」と述べたあと、全員で2分間の黙とうがささげられました。

集会は、このあとイスラム教の金曜礼拝を兼ねて進められました。

襲撃を受けたモスクの聖職者が演台に立ち、「犯人は邪悪な思想でこの国を破壊しようとした。しかし、ニュージーランドはこんなことでは壊れないということを証明した」と述べ、事件後に被害者とその家族に寄せられている多くの支援や励ましのことばに感謝の気持ちを示しました。

集会に参加した女性たちは、イスラム教徒ではない人たちもスカーフをかぶり、みなが同じ国民だということを表現していました。

社会の分断をねらったともとれる今回の事件に対して、集会の参加者たちは宗教や人種の違いを超えた連帯と団結の意思を示していました。

ご感想

他の情報