OPEC加盟・非加盟国、ナイジェリアの減産適用で合意 期限は設けず

[ロイター] -OPEC=石油輸出国機構加盟国と非加盟の主要産油国は24日、減産合意の適用を免除されているナイジェリアの産油量に上限を設けることで合意すると共に、一部の産油国に対し減産合意の一段と厳格な順守を求めました。

OPEC加盟・非加盟国、ナイジェリアの減産適用で合意 期限は設けず - ảnh 1        (写真:AFP/TTXVN)

OPEC加盟・非加盟国は2017年1月から2018年3月末まで産油量を合計で日量180万バレル削減することで合意しました。ただナイジェリアとリビアは内戦などの事情を抱えていたことから、減産合意の適用を免除されています。

減産努力により原油価格は今年1月には1バレル=58ドルを上回る水準を回復しました。ただ、世界的な原油在庫の縮小に予想より時間がかかったことに加え、米国産シェールオイルの増産、ナイジェリアとリビアの増産などにより、原油価格は45─50ドルに下落しています。

こうしたなかOPEC加盟・非加盟国で構成する減産合意の順守状況を監視するJMMC=共同閣僚級監視委員会は、この日にロシアのサンクトペテルブルクで開いた会合で、ナイジェリアが産油量を現在の日量約180万バレルから増加させないこと、さらに将来的に減産を行うことで合意したことを明らかにしました。ただ期限は設けず、ナイジェリアの産油状況を向こう数週間見守るとしました。

ご感想

他の情報