2015年度のベトナム金融市場報告書の公表


  2015年度のベトナム金融市場報告書の公表 - ảnh 1


14日午前、ハノイで、国家財政監視委員会は、2015年度のベトナム金融市場報告書を公表するシンポジムを開催しました。

報告書によりますと、2015年、ベトナムは、インフレ率の上昇を抑制し、やや高い経済成長のスピードを維持してきました。今年も、ベトナムの経済成長率はおよそ6.7~6.8%、またCPI消費者物価指数は3~3.5%に達すると予測されています。11の金融組織の再編、合併、解体、及びリスク管理の強化、透明性の向上などが行われたことにより、ベトナムの金融インフラは好転しつつあります。

さらに、報告書は、ベトナム経済は様々な困難と試練に直面していることを明らかにしています。これに基づき、ベトナム経済は、主に外資系企業に依存するなど、公的債務と国家予算の歳出超過額が増加しました。2016年に、ベトナムと幾つかの国との自由貿易協定が調印され実現されたことにより、ベトナムの経済成長速度は、改善されると予測されています。マクロ経済の安定化が維持され、不良債権比率は3%以下に抑えるとしています。しかし、ベトナム経済は、依然として燃料と主要製品の価格が変動するなど多くのリスクに直面し、国営企業の株式化と多くの分野の再構築のスピードはまだ遅れている状態です。

ご感想

他の情報