2021年~2030年までの国家生物多様性保存マスタープランの作成を促進

(VOVWORLD) - 先頃、チン・ティン・ズン副首相は、2021年から2030年までの国家生物多様性保存マスタープラン及び2050年までのビジョンの作成計画の検証にあたる評議会を設立する決定に署名しました。

この決定によりますと、資源環境大臣が評議会議長を、資源環境次官が評議会副議長を、計画投資省や財政省、科学技術省、農業農村開発省など関連省庁の代表が評議会のメンバーを務めます。同評議会は、2021年から2030年までの国家生物多様性保存マスタープラン及び2050年までのビジョンの作成計画を検証し、検証結果を首相に報告することになるということです。

ご感想

他の情報