24日の国会、民事法改正案を討議

24日の国会、民事法改正案を討議 - ảnh 1
 

24日、ハノイで開催中の第13期国会第10回会議で民事法改正案とその改正案への意見集約をまとめる報告について討議が行なわれました。

討議では、この民事法改正案は現行のものに残された問題点が克服された」との見解が出された他、「民事法改正案は社会におけるぞれぞれの個人に深い影響を与えることから、実践に適合させるため、いくつかの規定を明確にしなければならない」との意見が相次ぎました。特に、条件が基本的に変更された場合の契約履行に関する規定が集中的に討議されました。

中部クアンビン省選出のグェン・マイン・クオン( Nguyen Manh Cuong) 国会議員は次のように語りました。

(テープ)

「民事関係に不安を引き起こさないように、この規定が厳しくしなければなりません。原則的には、民事関係には当事者間の合意が尊重されるべきです。契約を結んだ時、当事者らは市場と価格の変動方向を予想したから、これを理由にしてはいけません。」

ご感想

他の情報