29日の第5回国会

(VOVWORLD) -29日午前ハノイで開催中の第14期国会第5回会議では、教育法改正補充案に関する審査報告がなされた他、サイバーセキュリティ法案の討議が行われました。
29日の第5回国会 - ảnh 1       国会会議の様子

教育法改正補充案に関する報告を行ったフン・スン・ニャ教育養成大臣は、「この12年間に実施されてきた教育法は、国際参入時期におけるベトナムの教育養成発展事業に重要な貢献をしており、国民教育システムにおける多くの前向きな変化をもたらした。ベトナムは2010年に中学教育の普及を、また、2017年に5歳児の幼稚園教育普及を完成した。大人向けの識字教育は強化されつつあり、教師や教育管理者は、量的にも質的にも発展し、教育施設や設備は改善、近代化されつつある。」と明らかにしました。

しかし、教育法の改正、補充の重要性についてニャ大臣は次のように語っています。

(テープ)

「12年間にわたって実施されてきた教育法には、幾つかの制限や不合理が目立つようになってきました。このことは、教育養成の基本的かつ全面的刷新の実現を妨げています。そこで、教育法の改正、補充は、教育養成の基本的かつ全面的刷新に関する党の見解を体制化させると共に、国際参入過程における実情の要求に対応できることが目的です。教育法は2005年に発効され、2009年に改正、補充されましたので、ベトナムの法システムの一貫性と統一性を確保するために、改正・補充される必要があります。」

一方、同日午前の国会で討議されたサイバーセキュリティ法案は、8章、55条があり、サイバーセキュリティ活動を確保する原則や、措置、内容、条件、また、サイバーセキュリティー保護活動に関わる機関、組織、個人の責任などを規定しています。

なお、29日午後の国会は、ベトナム海洋警察法案と特赦法案を討議しました。

ご感想

他の情報