30日の国会、高級人事の免職を討議、投票



30日の国会、高級人事の免職を討議、投票 - ảnh 1
国会の光景



30日午前、ハノイで開催中の第13期国会第11回会議では、国際条約の締結・加盟・実施法改正案の討議が行われました。大多数の国会議員は、同法案の内容に賛成しました。

同日午前の国会は、国会常務委員会から上程された国会議長、国家選挙評議会議長の免職案について討議、投票しました。

午後の国会では、国会議長、国家選挙評議会議長の免職に対する投票結果が公表されました。これに基づき、グェン・シン・フン氏が勤める国会議長と国家選挙評議会議長への免職の賛成率は87.25%と87.04%の順でした。

その後、国会議員はこの2つの職務の免職決議を92.11%の賛成率で採択しました。この決議は新国会議長と新国家選挙評議会議長が選出されてから発効されます。

なお、30日午後の国会は、国会常務委員会は国会議長、国家選挙評議会議長を選出するため人事の予定名簿を上程しました。

ご感想

他の情報