4カ国外相、停戦合意を尊重


ウクライナ東部の情勢を巡って24日、ロシア、ウクライナ、フランス、ドイツの4か国の外相が、フランスのパリで会談しました。

4カ国外相、停戦合意を尊重 - ảnh 1
4カ国外相(写真:AFP)

停戦合意が発効したあと4か国の外相が直接会談するのは初めてです。会談のあとフランスのファビウス外相は「4か国は、停戦合意のすべての条項を厳格に履行することが必要だという認識で一致した」と述べ、完全な戦闘停止と重火器の撤収を、速やかに実施するよう呼びかけました。

また、OSCE=欧州安全保障協力機構の停戦監視団について、人員や装備などの態勢や活動の権限を強化することが必要だと強調し、すべての当事者に対して、OSCEの活動を全面的に認めるよう求めました。

 

ご感想

他の情報