6月のユーロ圏失業率は12.1% 失業者数は2年ぶり減少

6月のユーロ圏失業率は12.1% 失業者数は2年ぶり減少 - ảnh 1

EU欧州連合統計局は7月31日、ユーロ圏17カ国の6月の失業率は、5月の改定値と同じ12・1%だったと発表しました。失業者数は前月比2万4千人減の1926万6千人でした。失業者数の減少は2011年4月以来2年2カ月ぶりとなります。

 ユーロ圏では債務危機の影響で景気低迷が続いていますが、購買担当者指数などで景況感に底打ちの兆しもあります。しかし、1995年の統計開始以来で最悪水準にある雇用状況の本格的な改善には時間がかかりそうです。

国別でみますと、スペインが0・1ポイント低下して26・3%、ポルトガルも0・2ポイント改善して17・4%となった一方、キプロスは0・8ポイント悪化の17・3%。ギリシャは4月時点で26・9%でした。

 

ご感想

他の情報