6月4日午後の国会

(VOVWORLD) - 議員らの質問に答弁したのは、天然資源環境省のチャン・ホン・ハ大臣や、チン・ディン・ズン副首相らです。

4日、ハノイで開催中の国会では、大都市での土地管理や、各地方の陳情・訴訟解決、環境汚染と各企業の廃棄物管理、メコンデルタをはじめ各地方での気候変動対応作業に関する質疑応答が行われました。

廃棄物と環境汚染問題に関し、ハ天然資源環境大臣は、「建設省や、科学技術省は共同で、首相に対し、各地方の条件に見合う廃棄物処理技術を含め廃棄物管理戦略を作成・発行することを提案している」と明らかにし、次のように述べています。

(テープ)

「ゴミを資源と見なしているので、2030年をめどに、ゴミを燃料として使用する発電所を建設する必要があります。現在、天然資源環境省と科学技術省は共同で、ゴミから電力と肥料を生産するモデルの開発を進めています。完成してから各地方に紹介します。」

計画によりますと、5日、天然資源環境大臣と労働傷病軍人社会事業大臣による質疑応答が行われます。

ご感想

他の情報