6月6日午前の国会

(VOVWORLD) - 6日午前、ハノイで開催中の国会では、フン・スアン・ニャ教育訓練大臣による質疑応答が行われました。

その主な議題は、大学教育と普通教育の質的向上のための方策や、私立幼稚園をはじめ幼稚園教育の管理作業などです。ニャ大臣によりますと、この数年間、教育事業は党と国家、政府、各省庁、機関、地方の特別な関心を受け、望ましい成果を収めています。毎年、ベトナムは国家予算の20%を教育分野に支出しています。

特に、近年、多くの企業は教育分野に投資し、その発展事業に積極的に貢献しているとしています。ニャ大臣は次のように語りました。

(テープ)

「企業の参加を奨励することは党の決議に盛り込まれ、政府は具体化させてきました。また、教育訓練省は企業の誘致と教育の社会化に関する多く案を作成してきました。現在、外国に留学する学生数が多いですが、学生たちが国内でも質の高い教育を受けるようにする必要があります。私たちは政府に対し、各企業や、各経済セクターが教育分野に投資することを奨励する複数の政策を提案してきました。現在、国家予算は普通教育や、教育普及、困難な状況にある各地方での教育などにあてられていますが、民間セクターの投資も重視されています。」

なお、午前の国会には、太平洋の赤道の北半球側に沿って点在する607の小さな島々と環礁からなる島嶼国であるミクロネシア連邦のウェズリー・W・シミナ連邦議会議長一行がオブザバーとして出席しました。

ご感想

他の情報