8日の国会、陳情法改正案を討議

(VOVWORLD) -この改正案における注目すべきことは元幹部、職員、公務員が現職時に犯した法律違反行為に対する陳情解決の権限を詳しく規定しているということです。


8日午前、ハノイで開催中の第14期国会第4回会議は陳情法改正案について討議が行われました。この改正案における注目すべきことは元幹部、職員、公務員が現職時に犯した法律違反行為に対する陳情解決の権限を詳しく規定しているということです。

国会議員らはこれは重要な補充内容であり、定年退職した幹部、公務員、職員が現職の際に犯した法律違反行為に対する責任の確定に関する党の主張を体制化させるための法的基礎となるとしました。

同日午後、国会は2017年から2020年期における南北高速道の建設投資計画、ホーチミン市の発展に関する政策に関する決議案を討議しました。


ご感想

他の情報