8月の政府月例会議

(VOVWORLD) -30日、政府本部で、グェン・スアン・フック首相は8月と年初以来8ヶ月の政府月例会議を主宰しました。
8月の政府月例会議 - ảnh 1

開会式で発言に立ったフック首相は「8月は望ましい結果を収めた月であった」と評価しました。その内訳、マクロ経済指数は前向きな結果を収め、インフレが抑制され、消費者物価指数が0.92%増加し、輸出の伸び率が18%に達した他、観光の成長も増加し、外国直接投資額は233億ドルを超えているということです。

フック首相によりますと、次の数ヶ月が引き続き8月のようなよい結果を収めれば、今年の目標を達成できる可能性があります。また、フック首相は行政手続きに関する問題点を取り上げた上で、各省庁や部門に対し、9月中にそれらの問題点を集中的に解決するよう求めました。

今後の任務について、フック首相は各省庁や地方に対し、生産と経済成長に有利な条件を作り出すために、投資経営環境の改善を続行するよう求めました。また、財政省に対し支出の節約を実行すると共に、各種税率と手数料の引き上げをしないよう要請しました。

フック首相は次のように語りました。

(テープ)

「当面、各種税率や、手数料の引き上げについて触れません。この問題は、企業や投資経営環境にマイナス影響をもたらすからです。付加価値税の引き上げという提案を実現する際に、慎重に検討する必要があります。」

このように語ったフック首相は「ベトナム経済の持続可能な成長に向かって、2018年度のGDP伸び率の目標を約6.5%と設定する必要がある。同時に、経済構造、成長モデル転換、生産性や質量、競争力の向上を加速させなければならない」と強調しました。


ご感想

他の情報